医学部成績上位層パターン別

医大生の生活

成績下位層を紹介したので、今回は医学部成績上位層を紹介したいと思います。

一般入試の現役

やっぱり医学部一般入試を現役で突破する人たちは、頭がいいですね。僕の大学では10人くらいですね。そして多くの人は有名高校出身です。僕が現役の時なんて医学部に受かる可能性が1ミリもなかったので本当にすごいと思います。

推薦、一浪の人格者

推薦の人たちって、高校の定期テストを毎回ちゃんとやってきた人たちなので大学のテストもいい点数を取っていきますね。一浪の中でも、なんで現役で受からなかったんだろうって人や浪人して先生の言うことを聞いてまじめにやっていた人は成績がいいですね。みんなコツコツ勉強する習慣があるので、僕みたいにテスト前しか勉強しない成績下位層とは違いますね。僕の大学では推薦、一浪ともに30人くらいですね。

特待生

特待生って浪人数関係なく、頭いいですね。元々国立や私立上位層を狙ってて、特待とれたからまぁこの大学でもいいかなっていう感じで入学したと思うんですけど、滑り止めとして入った人たちとはやはり違うなって思います。けど私立の特待って特待の割に500万だけ免除とか学費に対しての割合が小さすぎって思いませんか?学費免除でもいいと思うんですけどね。

お坊ちゃん、お嬢様

私立医学部だとお金持ちが多いです。そういう人たちって幼少期から本物の英才教育を受けてて理解するのが早いんですよね。一回言えばわかるみたいな。あと、継続する習慣がある人が多いですね。ちなみに、僕は何回聞いてもわからないので、もう未来の自分に託してます(再試)僕の大学では99%親が金持ちですね。ちなみに僕が貧乏の1%です(笑)

再受験生

再受験生って普通に医学部に入ってきた人よりも、目標も明確ですし、社会に出るよりも医学部のほうが楽だからテストも軽々とクリアしているような気がします。社会って怖いですね。僕の大学では5人位が再受験生です。

医師としての自分の将来が明確で逆算できている

こういう先が見えている人って本当に物事を客観的にみることができるので、自分が今何をすべきかわかってますね。これはもう現役とか浪人とか推薦とか関係無いですね。多浪の人でも成績がいい人はいいです。僕の学年ではまだ下級生なので、人数的には10人くらいですかね。

結論

純2浪以上で貧乏でどんな医師になりたいか考えてない奴はめちゃくちゃ成績が悪い (個人の感想です)

僕が成績が良くないので、僕が持ってない要素をまとめたらこんな感じになっちゃいました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました