医大生は頭いいけどお金の知識はまるでない!?!?

医大生の知識

今回は医大生は慶応、早稲田や東大(理三以外)などほかの偏差値が高い学生と比べてお金に対する考え方がないのかもしれないということについてその要因を書きたいと思います。

注)学生が言ってることなんで真に受けないでください

医師の年収が比較的高い方だから

医師って医学部出さえすれば年収1000万はもらえることはできるじゃないですか、それってめちゃめちゃ高いとは言えないですけど比較的いい方ですよね。年収1000万もらえれば贅沢はできないけど少しいい生活はできるので満足しちゃう人が多い気がします。

身近にお金の知識がある人がいない

他の学部の人って会社によっても大分違いますよね。けどお金は欲しい。そうすると自然にどうすればお金が手に入るのか考えますよね。そんな学生が医学部より多い気がするんです。(これは個人の感想です)お金について考える学生が多ければ自然と自分も考えるようになりお金の知識が身に付きますね。

医師という職業が奉仕の面が強いから

医師の役割って”国民の健康の維持、回復、促進に奉仕する”ことなんですよ。なので医師自体がお金を多く稼ぐことを嫌うんですよ。しかもお金を稼ぐのを嫌う医師は大学勤務に多い気がします。なぜならお金を稼ごうと思ったら大学病院で働いているはずがないから。そうすると、大学にはお金を稼ぐのを嫌う医師が集まり、お金の知識は教えてくれませんよね。

結論

僕的にはお金の知識を身に着けることは大切だと思います。そうしないと、新築ワンルームマンション投資みたいな詐欺に引っかかってしまいますから。けどお金を稼ぐことを嫌って自身を医療に奉仕する医師はやはり素晴らしいと感じます。志などはお金には変えられないですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました