年収1千万以上でも貧乏な医者

医者

年収が比較的高いといわれている医者でも、お金に困っている医者はいます。そんな人たちには、共通点があります。だいたい以下の7つに当てはめる人は高年収でも貧乏な人が多いです。

収支の把握をしていない

学生時代仕送りやバイト代が少ないときなんか、「あー今月はあと○○円しかつかえないなぁ」など少しは収支を気にしますが、医者になって忙しくなりある程度稼げるようになると収支を気にしなくなってしまう人がいます。そうすると、クレジットカードや保険料、家賃などの負債額がわからなくなり収入以上の支払いをしてしまいます。貧乏一直線(笑)

浪費家と結婚する

テレビとかでも高年収を求める女性って多いじゃないですか、そうすると高年収な職業で狙いやすいのは医者ですよね。それで医者もチヤホヤされてお金を出してしまう。けど、年収一千万って月の手取り60万しかないんですよ。毎月エステにヨガ、ママ友ランチなんかされてたら、お金全然残らないですよね(笑)

無駄に豪華な家、マンションを買う

医者になる人生で不動産の知識を勉強することは自主的に行う限りすることはありません。もし家やマンションが欲しくなったら不動産に頼ってしまいますよね。そしたら不動産は「よしよし、カモが来たぞ」って思うわけです。そして、無駄に豪華で値段に対して資産価値がない物件を紹介するんですね。常套文句は「ローン返済が終わった資産になる」。ローン支払い終わった30年後その物件が資産になると思いますか??ボロボロの家ですよ。賃貸にするにしてもリフォームが必要でお金がまたかかります。どんどんお金が無くなりますね(笑)

子供は私立学校へ入れる

子供をいい学校に入れようとする親って多いですよね。僕も中学、高校、大学と私立です。小学校から私立やインターナショナルスクールに行かせたい親は多いですよね。私立小学校なら月8万、インターナショナルスクールなら月15万以上かかります。そこから中学、高校、大学も私立に行かせたらだいたい2000万は用意しないといけません。月の手取りの60万残ってますか??(笑)

保険にはいりまくる

不動産と同じく保険の知識もないので、保険会社に言われるがままに入ると、大半がいらないことにお金を払ってしまっています。保険は必要最低限入れば十分だと思います。

高級車を定期的に買い替える

医者って皆高級車乗ってませんか?ベンツなど外車を新車で買う人が多い印象です。車って数年に一度検査必要で、その時検査費用がかかります。その検査費用を払うくらいならまた新しい車を買ってしまおうという考えです。最初の車検が3年後なのでそれまでにまた他の車を買っている人が多いと思います。確かに車は趣味でもありますし、ステータスになると思うので高級車を買いたいのはわかるんですが、お金に困っているなら買わない方がいいです。しかも資産価値でいうなら新車は乗った瞬間に中古になり価値はガタ落ちです。

洋服、食事はいいものにしている

高級車と同じで服もブランド来ている医者って多いですよね。グッチ、サンローラン、もう少し上の年代ならモンクレール。Tシャツ一枚で6万とか、手取りの10パーセントですよ(笑)。ここまで来たら、毎月の支払いに追われて、その支払いのために働いているようなもんですね。

まとめ

医学部でよくあるのは、親が医者より経営者のほうが裕福な家庭が多いことです。収入も違いと思いますが、一番は医者はお金の勉強をすることがなく、経営者はお金の勉強をしていることだと思います。僕なんかも収支の把握をしていなかったり、服にお金をかけていた時もありましたが、上記の貧乏人の共通点をみて見直しました。皆さんもこの機会に見直してみたらいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました